次代創造館HPへ戻る

« 「すごい!」と言われたいために、人類は進化してきた。 | メイン | 嘘はついていい。でも死ぬまでつき通すこと。 »

2009年11月26日

口約束は紙約束より重い

世界の二大商法と呼ばれるものがある。

華僑商法とユダヤ商法だ。

これらの共通点は何か。

口約束がすべてである、ということである。

食事の席で

「じゃ、そういうことで」

と口頭で約束したことは紙面上の契約よりも遥かに
重んじられる。

もし一度でも口頭での約束を破ろうものならその業界
で生きていくことはできなくなってしまう。

これが真のグローバルスタンダードである。

幾つもの印鑑をちんたら稟議書で回しているのは残念
ながら世界中で日本だけだ。

総合商社は昔から何よりも口約束を重んじる厳しい世界
で揉まれてきているから強い。

さいとうたかお氏の代表作で有名な漫画『ゴルゴ13』
が典型的だ。

前受金と完遂金合わせて高額なフィーが発生する
殺し屋ビジネスは関わる人間すべて口約束であり、
信頼だけで成り立っている。

信頼を失ったものから殺される。

それが、掟である。

一度でも信頼がなくなれば生きていけない。

「言った言わない論」も無意味である。

生きるか死ぬか、でしかない。

世界では、形に残らないものこそが大切なのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年11月26日 00:22

コメント