次代創造館HPへ戻る

« CM『いい大人』 | メイン | P506ic »

2010年02月15日

『モンパルナスの灯』

いい男には必ずいい女が傍にいる。

男が将来何かを成し遂げるか否かを見るの
なんてとても簡単だ。

名もなく貧しいときからいい女が傍にいる
かどうかを見ればいい。

それだけのこと。

『モンパルナスの灯』

はこのシンプルな本質を見事に教えてくれた。

生前はまったく絵が売れなかった天才画家・
モジリアニの壮絶な人生を描き切った名作。

モジリアニを演じたジェラール・フィリップは、
実際のモジリアニと同じ36歳でこの世を去っ
ている。

たぶんこれは偶然ではないのだろう。

有名になってからモテるというのはそれはお
金と地位に吸い寄せられてきた所詮ニセモノ
の女たちが群がってきたに過ぎない。

成功した実業家や芸術家や作家がモテない
はずがないのに独身のままいることが多い。

それはお金と地位に吸い寄せられてきた
偽物と結婚するわけにはいかないからだ。

お金も地位も悪いものではないが、ちょうど
糞の周囲にハエがたかるようにお金と地位
の周囲にも化粧の濃い女がたかってくる。

将来抜きんでてくる男は名もなく貧しいとき
からとんでもなくいい女が傍で応援してくれ
ているのだ。

男が女に求めていることはたった一つのこと
だけなのだ。

「大丈夫。必ずあなたならできる」

と一点の曇りもなく励まし続けることである。

世界中すべてを敵に回してもその男を最後
まで応援することができるか。

モジリアニの最後の女、アヌーク・エーメは
近寄りがたいほどの美女だったが、同時に
世界でもっともモジリアニを信じ切ったいい
女だった。

追伸.有名な感動動画『僕を支えた母の言葉』
があるけれど、母親として一番大切なこと
も一点の曇りもなく励まし続けることだと思う。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年02月15日 00:03

コメント