« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

2009年12月31日

いつもご褒美にしていることだけをやり尽くす人生

サラリーマン時代は、これをやったらご褒美にこれを
やってもいい、と決めていた。

何のことはない、学生時代と同じだ。

しかし、ある時気がついた。

ご褒美だけを存分に味わっている人が確実にいると
いうことに。

しかもご褒美づくしの人生を歩んでいる成功者は他人
に対して寛容である。

反対に嫌なことが終わるまでご褒美をお預けにして
いる人は他人に厳しい。

人生は甘くないと頑なに信じ込んでいる。

しかし人生を厳しくしているのは自分だし、幸せにする
のも自分なのだ。

人生は実に正直である。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:30 | コメント (0)

2009年12月24日

我慢をやめた日が、あなたの2回目の誕生日。

ずっと0歳のままの人がいる。

他人が決めた人生をそのまま歩んでいる人だ。

他人が決めた正しい路を歩んでいることに慣れ
切ってしまうと、死ぬときに後悔するのは間違い
ない。

他人が決めた正しい路よりは、自分で決めた間
違った路を歩んでいる人のほうが遥かに幸せだ。

自分の心の底の第1志望を知っておこう。

そもそも何が欲しいのかを分かっていない人が
いる。

大半の人が見かけの年齢だけを重ねているが、
実質は0歳のままである。

2回目の誕生日は、あなたが他人の人生を生き
ることをやめた日である。

つまり我慢をやめたところからが本当の人生の
スタートなのだ。

これが、セカンド・バースデーの意味である。

人間には二通りしかいない。

0歳の人と1歳の人。

他人の人生を歩んでいる人と自分の人生を歩ん
でいる人しかいないのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 05:00 | コメント (0)

2009年12月17日

好きなものくらい、正直に言おう。そのために生まれてきたのだから。

好きなものを言うのが苦手な人がいる。

不思議だ。

人間として好きなものをどれだけ味わうか、
というのは生まれてきた意味があるか、
ということにも通ずる。

好きなものはじっくり考えて決めるものではない。

恋はすべて一目惚れであり、ロジカルシンキング
で恋はできない。

起承転結で恋に落ちるのではなくて、まずは結から
始まるのが大人の人生における恋のマナーなのだ。

寿司屋で注文する順番にうるさい人がいる。

この人は寿司が好きな人ではない。

寿司を食べに来ている自分が好きな人である。

最初から最後までかっぱ巻きでもいいし、
最後に雲丹でしめてもいい。

それが幸せな人生なのである。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 04:53 | コメント (0)

2009年12月10日

女性の「え!?」は大賛成。

女性に「え!?」と言われたら、迷っていると
勘違いしてはいけない。

それは大賛成の返事だから。

満足を通り越して期待を超えてもらうと女性は
全員「え!?」と口走る。

「楽しそう!」「いいかも!」「行きたい!」「賛成!」

と言われて喜んでいるようではダメだ。

考えさせている余裕があるということは、
即ち期待を超えていないということだから。

女性に限らず、感動するということは論理的
ではない。

論理的にものを考えるということは、
せいぜい100点満点の満足なのだ。

100点満点で褒めてもらえるのはせいぜい
学校の漢字ドリルくらいのものだ。

社会に出たら101点からがスタートなのだ。

ビジネスも同じ。

お客さんに「え!?」と思わせない人はお客さん
からモテない。

モテない人が集まる会社は、もちろんモテない。

つまり必要ないということに他ならない。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:12 | コメント (0)

2009年12月03日

嘘はついていい。でも死ぬまでつき通すこと。

嘘をつかない人間はいない。

嘘をついたことがない人間もいない。

「嘘をつてはいけません」

とは何とも不思議な言葉だ。

これほど無責任な言葉もない。

嘘はついていいのだ。

しかし、ついた嘘は死ぬまでつき通す覚悟が
必要だということを忘れてはならない。

死ぬまでつき通した嘘は、嘘ではなくて本当
になるのだ。

考えてみると、正直者のほうがよほど気楽な
のだ。

モテる男女の共通点がある。

ウソとキスが上手いことだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 03:32 | コメント (0)