次代創造館HPへ戻る

« カウンター。 | メイン | わが命つきるとも。 »

2011年07月17日

博士の愛した数式。

昨日からfacebookいよいよテーマが「友情」突入。

その次は「恋愛」・・・。

***********************

小川洋子さん原作の小説がミリオンセラーとなり、

2006年映画化。

原作とはかなり細部も大枠もストーリーが変わっている。

それがよくないと感じる人もいる。

でも、

いつも通り原作は原作の、

映画は映画の楽しみかたがあると思う。

それでいいのではないだろうか。

豆から挽くコーヒーと粉末のインスタントコーヒーは、

まったく別の美味しさがあって、

どちらもそれが飲みたい時には美味しいのと同じだ。

別のものとして楽しめばいいのだ。

ちなみに僕が今楽しんでいる豆はコロンビアだ。

中学1年生で習う初歩的な数学から始まって、

最後には、

オイラーの公式まで登場。

このオイラーの公式こそが、

博士の愛した公式なのだ。

映画の中では博士と義理の姉は昔不倫関係で、

堕胎している。

そのため最初、

eiπ=-1  ・・・①
※実際にはiπはeの右上に「乗」として表示される

として表記されていた。

だから他人の子どもに対しても異常なほどに愛情を燃やすんだ。

ところが、

映画の終盤に博士は-1を左辺に移項して、

eiπ + 1 = 0  ・・・②

と表記するんだ。

これが実に味わい深い。

義理の姉もこの変化によって心の垣根を開いてくれる瞬間なんだね。

右辺にあった-1が左辺の+1になっただけでちょっと心が安らぐんだよ。

否、

右辺の0こそが奥深いんだよね。

数学的には同じでも、

博士の主張する心の数学ではまったく別のものなんだね。

つまり、

①と②では違うということなんだ。

寺尾聰さんの博士役はピタリと当てはまっていた。

深津絵里さん、吉岡秀隆さん、そして 浅丘ルリ子さんもよかった。

個人的にはちょっと白けるくらいに、

美辞麗句を並び立てられるシーンもあったけど・・・

この映画は随所に人間の何気ない温かみや懐かしさが出てくる。

主張は激しくはないんだけど、

懐かしい涙を流せる映画なのではないだろうか。

数学というのは哲学なんだね。

この映画の中で好きなシーンがあって、

博士の投稿した論文が権威ある雑誌に評価されるんだけど、

「神様の手帳をちょっと覗いただけ」

と片付けてしまうところ。

原理を原則にしただけということなんだね。

原理とは人間がこの世に生まれる前から宇宙に存在したもの。

原則とは人間が自分たちにわかるようにルール化したもの。

人間味溢れる素晴らしい映画でした。


追伸.

なぜかこの映画を見た後に、

自分の

『この悲惨な世の中でくじけないために20代で大切にたい80のこと

の算数の章を無性に読みたくなった。

そういえば、

本書の62・63ページを理解するために、

わざわざプラネタリウムに行って説明を聴いてきたって、

報告してくれた女性がいました。

しかも一人で出掛けるって、

すばらしいですね。

ボールを投げると弧を描く。

小学生の頃、

コンパスで弧を描くのが好きでした。


...次代創造館、千田琢哉

★2011年8月刊『人生を最高に楽しむために20代で使ってはいけない100の言葉』
★2011年7月刊『人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。』
★2011年7月刊『仕事で悩んでいるあなたへ 経営コンサルタントから50の回答』
★2011年6月刊『この悲惨な世の中でくじけないために20代で大切にしたい  80のこと』
★2011年5月刊『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』
★2011年4月刊『教科書に載っていなかった20代の哲学』
★2011年4月刊『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい  100の言葉』
★2011年3月刊【韓国語版】『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』
★2010年12月刊『断れる20代になりなさい!』
★2010年11月刊『学校で教わらなかった[20代の辞書]』
★2010年11月刊『顧客が倍増する魔法のハガキ術』
★2010年9月刊『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』
★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2011年07月17日 00:00

コメント