次代創造館HPへ戻る

« 21世紀とは、今である。 | メイン | カップルは、常に瓜二つ。 »

2010年09月23日

倍にならないギャラ交渉は時間の無駄

ギャラ交渉は時間の無駄である。

数%ギャラが増えたところで、相手が痛みを
感じるだけで長期的に見たら損だ。

それよりは、喜んで倍払ってもらえるよう
に力をつけるほうが長続きする。

「これだけの力をつけたので、これだけフィー
をいただきます」

と正面から言うことである。

それで断られてもいい。

必ず次の出逢いがあるからだ。

お金をもらう側も、払う側も同じレベル同士で
成り立つように世の中はバランスが取れてい
るのだ。

逆に言えば、縁を切りたい相手には倍の
ギャラを請求してみることだ。

それで相手がついてきてくれたとしたら、相手
はあなたより上手(うわて)だったということだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年9月刊『伸びる30代は、20代の頃より叱られる』
★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年09月23日 00:00

コメント