次代創造館HPへ戻る

« 夜明け前が、一番暗い。 | メイン | 自分の好きなことをしている人は、嫉妬しない。 »

2010年09月02日

謙虚になるには、量をこなせ。

一流なのに謙虚な人。

二流なのに傲慢な人。

世の中にはこの二通りの人がいる。

不思議だ。

なぜ、二流なのにあの人は傲慢なのだろう。

簡単だ。

自分は質が高いと思ってしまっているからだ。

一流の人は質が高いのに、量をこなすこと
のほうを優先しているからいつまで経って
も終わりがなくて謙虚なのだ。

三流の間は、二流になるために誰でも量をこ
なす。

でも二流になると勘違いして質にこだわり始
める。

一流は三流以上に量をこなす。

一流のライバルは三流の時の自分自身だ。

量をこなし続ける一流と、ストップしてしまった
二流では雲泥の差なのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年09月02日 00:00

コメント