次代創造館HPへ戻る

« 仮に人類で100mを9秒フラットで走るスプリンターが登場したとしても、その選手がフルマラソンの記録を同時に更新する時代は人類には永遠にやってこない。 | メイン | 本は「まえがき」と「あとがき」がすべてである。 »

2010年08月05日

紹介してくれと頼むより、紹介される人になろう。

やたらに紹介してくれと頼んでくる人がいる。

有名になりたいからだろう。

1日も早く力をつけたいからだろう。

楽して成功したいからだろう。

実は一番遠回りの方法である。

「本を出したいから出版社を紹介しくれ」

という人は永遠に出版できない。

そんなに効率の悪い方法はないくらいだ。

本気で本を出したいのであれば、まず何かの
分野でトップに立つのがもっとも手っ取り早い。

プロフェッショナル集団の中で最低でも上位5%
の何かを持っていれば可能性はある。

出版というのは、本を出したい人が出すとつまらない。

本を出すなど夢にも思わなかった、無関心だった人が、
ある日突然人を介して「本、出しませんか?」と出版社
の編集者を紹介されるというのが正しい流れなのだ。

もちろん、これは出版に限らない。

政治家の選挙、サラリーマン社会の人事、難関資格
試験の受検なども同様だ。

それになりたくて仕方がなかった人は、それになった
ら腑抜けの廃人同然になって、あとは奢り高ぶるだけ
の話である。

目的と手段の混同である。

世の中すべてがそうだ。

紹介してくれと頼んでいるうちは努力不足だ。

勝手に紹介されるようになるまで、正面からちゃんとし
た力をつけようではないか。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年08月05日 00:00

コメント