次代創造館HPへ戻る

« 屈辱こそ正面から受け止めよう。 | メイン | お金持ちは必ず大きな書斎を持っている。 »

2010年02月25日

1のひらめきがないことは潔く辞退すること。

天才とは1%のひらめきと99%の努力の賜物
であるとトーマス・エジソンは言った。

私がよく引用する言葉の1つである。

たったこれだけの言葉にはとてつもない深い意
味が何通りも込められているからである。

これを誤解している日本人は多い。

どんなことでも努力すれば叶うはずだ

と誤って理解することに悲劇が起こる。

この言葉の真意はそうではない。

天才というのは1%くらいのひらめきは必要
であって0%の凡人では断じて無理だから、
さっさと進路変更したほうがいい

ということなのだ。

「あなたが成績が悪いのは努力が足りないからよ
だからもっと勉強しなさい」

「今のままでは○○高校合格なんて覚束ないから
今度から○○塾にも通うのよ」

と自分と配偶者の頭のデキを度外視して子どもが
嫌がっている勉強を強要することが本当に正しい
ことだとは限らない。

子どもはグレて暴走族に加わるかもしれないし、
その度胸すらなければいつかキレて殺人や放火、
あるいはバスジャックを犯しかねない。

1のひらめきがないことはさっさと諦めて、1のひ
らめきの可能性があることに出逢うことが幸福な
人生を自ら拓いていける方法だと思う。

そのためにいろいろチャレンジしていかなければ
ならない。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年02月25日 00:00

コメント