次代創造館HPへ戻る

« 1日を好きなことからスタートすれば人生が変わる。 | メイン | 相手に切られても、こちらから切らない。 »

2010年01月28日

夢や壁は傍観者たちが勝手にそう呼んでいるに過ぎない。

なぜあの人だけが次々に「夢」を実現させていくのか?

軽々と「壁」を乗り越えていくのか?

答えは簡単である。

夢や壁というのは周囲から見て勝手にそう思っている
だけで、本人にとっては別に夢でも壁でもないから。

他人の価値基準で夢や壁と呼ばれているだけで、
本人にとっては単に好きなことをやっていたり、
ほんの通過点に過ぎない。

後から振り返ってそれが夢や壁だったんだ、と思う
ことはある。

でも取り組んでいる最中は夢や壁などと呑気なこと
を考えている場合ではないのだ。

一点の曇りもなくできると思っていることをやり続け
ているだけであり、それがその人の才能なのだ。

人はそのために生まれてきたのだから。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年01月28日 00:15

コメント