次代創造館HPへ戻る

« いつの時代も地球上には二種類の人間しかいない。「アイツ、なに熱くなってんだよ」と笑われながら成功していく人生の主人公と、ニヤニヤ笑って噂しながら群がる人生の傍観者。 | メイン | 「すごい!」と言われたいために、人類は進化してきた。 »

2009年11月12日

自分が前例をつくる。

・前例がないから

・そんなの非常識ではないか

・もう一度よく練ってから(寝てから?)

・・・

やらない理由を挙げたらキリがない。

やらない理由を挙げさせたら、それこそ全員天才になっ
てしまう。

一方で、ありとあらゆる職業、業種業界でパイオニアと
なって成功者としての人生を送った人たちがいる。

1つはっきりしていることがある。

パイオニアたちは自分が前例をつくろうとしたことだ。

どんなマイナーな分野においても、本当に初であれば、
パイオニアとして一生食べていける。

そのくらい“初”というのは成功への早道なのだ。

にもかかわらず、99.9%の人間は心のどこかで必ず
前例があるかどうか、経験者は世の中にいるか否かを
必死で探し求める。

0.1%の人間は自分がその前例になろうと考える。

0.1%の人間に求められるのは才能ではない。

勇気である。

換言すれば、勇気というのはもっとも大切な才能なのだ。

勇気とは何も考えずに猪突猛進に突き進むことではない。

期限を決めて判断した後には「やる」と決断してまずは
半歩踏み出すことなのだ。

そこに言い訳は必要ない。

どんなことでもやる前のほうが実際にやってからよりも、
しんどい。

みんなそれがわかっているのに腰が重い。

これが、チャンスなのだ。

誰もが結婚相手を探すときくらいには勇気を振り絞らな
ければならないだろう。

それに比べればたやすいものではないか。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年11月12日 00:56

コメント