次代創造館HPへ戻る

« 世間が認めてからすり寄るな。 | メイン | 下書きをやめれば、人生は倍充実する。 »

2009年10月08日

その職業のステイタスは、職種で決まるのではない。

銀座に星の数ほどある広告代理店。

地方にも自称広告代理店はいくらでもある。

新入社員にとっては大企業と零細企業を比べると、最初
からやりがいのある本格的な仕事を与えてもらえるのは
間違いなく零細企業のほうだ。

大手だと入社10年くらい経たなければやらせてもらえ
ないような仕事まで任せてもらえる。

しかし優秀な人材は迷うことなく大企業に入りたがる。

つまり職業のステイタスは仕事内容では決まらないのだ。

優秀な人材は優秀な人材の集う場に吸い寄せられる。

何業を営んでいるのかではなくて、将来こうなりたいとい
うカッコいい先輩がたまたま何業で働いているか、という
部分を見ているのだ。

だから就職活動で学生たちがあちこちの業種の人気企
業を受けるのは当たり前の話だ。

アミノ酸に興味なんかなくても、味の素には優秀な人材
が集まる。

生粋の嫌煙家であってもJTに入社したいと思っていい。

そこを勘違いして「うちは何業です!」とアピールすると、
そのセンスのなさが余計に優秀な人材を遠ざける。

「自社はこうした理念でこうした人材が結果としてこういっ
たサービスを提供しています」

と訴求しなければならない。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年10月08日 00:00

コメント