次代創造館HPへ戻る

« 「お休みなさい」が言えなくて。 | メイン | 与え好き。 »

2010年07月28日

手紙書くよ。

乙と出逢ったのは独りぼっちの卒業旅行中だった。

甲は青春18切符を買い繋いでの47都道府県一周
旅行だった。

計23日間で北海道から沖縄まですべてを回った。

乙とは大分県の某駅で一緒になった。

トラブルがあって2時間停車した暗くて寂しい駅だった。

でも、これが運命だった。

千葉県出身で大学では交通社会学を専攻していた
乙は本州の最北端と最南端を目指しての1人卒業
旅行だった。

乙の片手には加藤諦三の『高校生日記』が握られて
いた。

『高校生日記』といえば、初版1965年でとっくに絶
版になっている本だから、相当な加藤マニアだった。

それを知っている甲も人のことをとやかく言えない。

大分県から宮崎を経て、鹿児島県まで南下すると
いうことで2人は意気投合した。

鈍行列車だったが、宮崎県内では各駅の停車時間
がとても長く、まるで2人きりの貸し切り列車のよう
だった。

たまに背中に大きなかごを抱えたままおばあさんが
乗車してくる。

でも、それがまた田舎の匂いがして味わい深かった。

甲と乙は出逢って間もないのに、話が弾んだ。

きっとお互いに1人旅だったから、話し相手が欲しか
ったに違いない。

知らぬ間に乙は甲の手を握っていた。

宮崎駅のミスドで一緒に夕食を取った後、商店街の
ゲームセンターで遊んだ後、プリクラを撮った。

駅界隈から旅行慣れた乙が予約していた宿泊先まで、
長い距離をずっと2人で歩いた。


・・・・・・・・・・・・


まさか、乙は出逢って24時間後に別れが来るとは、
思わなかった。

乙は一緒に最南端まで行こうと泣いて懇願した。

周囲に乗車していた女子高生たちが夢中になって
注目していた。

甲はひと言、

「手紙書くよ」

とだけ言って甲は乙の小さな白い頬をグローブのような
大きな手でぬぐって西鹿児島駅でそのままで降りた。

女子高生の1人が、

「えっ」

と思わず叫んだのが聞こえた。

乙はそのまま西大山駅に向かった。

甲は乙が見えなくなるまでホームで見送った。

甲は真っ赤に染まった、JR西鹿児島駅の長い長い、
階段をゆっくりと噛み締めるように降りた。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年07月28日 00:00

コメント