次代創造館HPへ戻る

« 知らないはずなのに。 | メイン | どうしても好きになれない人。 »

2010年06月30日

久々に、感じた。

甲は就職関係の執筆をしていた。

上智大学を卒業後、入社4年目で仕事を覚えてきた
女性編集者乙は、

「最近のサラリーマンは、年収もどんどん下がって
いるのに忙しくなってきてますものね。体も持たな
いでしょうし、中間管理職になると上と下から板挟
みで、そりゃフラストレーションも溜まりっぱなしだ
と思いますよ」

とわかった風なことを言った。

「人がフラストレーションを溜めるのは、過労のため
でも人間関係でもないよ」

甲は静かに囁いた。

「え!?」

乙は驚いた。

編集者は経営コンサルタントと同じで、ちょっと仕事
を覚えてくると滅多に人に反論されることがなくなっ
て勘違いを始める二流のお利口さんが多い。

内心、乙は「この私に反論するの?反論されるのは
久しぶり」だと感じた。

0から10まで生み出してくれた素材を50や60
まで育て上げることができるのは、0から10まで
生んでくれた人がいるという感謝を忘れたらおし
まいなのだ。

それにしても・・・いったい、何なのか早く知りたかった。

「あの・・・」

いつもは強気の乙が遠慮がちに甲に言った。

「すべてのサラリーマンは、自分の才能がもっと活
かせる仕事があるのではないか、自分はこのまま
人生終わってしまうのか、というところでフラストレ
ーションが溜まるんだよ」

甲は間髪入れずに即答した。

反論の余地がなかった。

業界では伸び盛りで注目の元気な会社だったが、
甘ちゃんだったと気づかされた。

社長を含む全社員が束になっても甲には敵わない
のは瞬時に悟った。

本質を衝かれるのは、どんなことでも気持ちがいい
ものだと乙は感じた。

久々に、感じた。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年06月30日 00:00

コメント