次代創造館HPへ戻る

« 最後の日 | メイン | ウラのウラのウラ。 »

2010年04月28日

魔の抹茶アイス

甲は学生時代いつも最初のデートには焼き肉
バイキングと相場は決まっていた。

焼き肉バイキングはその名も「スタミナ太郎」

制限時間は90分。

焼肉以外にはバラエティーに富んだお寿司も
あった。

もちろん定番のデザートもあった。

「うわ~、すごい!ありがとう」

乙は感激でAカップの胸を膨らませた。

さすがエアロビクスのインストラクターだけあって、
体脂肪率は女性にもかかわらず15%ほどを維
持しており、焼肉はほどほどにしてヘルシーな
お寿司を頬張っていた。

「おいしい!ありがとう」

乙は暇さえあれば愛くるしく「ありがとう」を連発
する本当に憎めない女性だった。

甲がここに連れてきたのには訳があった。

デザートでおいしいと大人気の濃厚な魔の抹茶
アイスを食べてもらうためだった。

甲はまだまだ食べ足らずにひたすら焼肉を焼き
まくっていたが、乙はお寿司を3皿ほど食べて
野菜サラダを盛り付けてきてから、

「ありがとう。ホント、もうお腹いっぱいだよ!」

と満足そうに微笑んだ。

甲はすかさず、

「デザートは別腹だろ?ここの抹茶アイス天下
一品だからな」

ジュージュー焼肉を焼いている最中に席を立った。

ちなみに抹茶アイスが美味しくて評判だったのは
本当だった。

乙は甲が食欲よりも自分のことを気遣ってくれる
やさしさにちょっと不自然さを感じながらも、久しぶ
りのそのやさしさが新鮮で嬉しかった。

「ありがとう、今日はやさしいのね」

乙は甲がニヤニヤしながら運んできたてんこ盛り
抹茶アイスに感激した。

実は抹茶アイスとまったく同じ色のお寿司用のワ
サビがたっぷり混ぜてあったのだ。

甲はいつもこのいたずらをして相手の反応を見て
は楽しんだ。

笑いを必死でこらえながら乙の表情を見ていた甲
は次第に心配になってきた。

乙がまったく魔の抹茶アイスに反応せずにニコニコ
しながら最後までペロリと平らげてしまったからだ。

「ちょっと変わった味ね」とも「濃厚すぎたみたい」
とも言うことなく顔色一つ変えずに、

「ありがとう!すっごくおいしかった」

と満面の微笑みで言われてしまった。

乙のような反応は甲にとって完璧な想定外だった。

さすがに、

「ワサビ大丈夫だった?」

と間抜けな質問などできるはずがなかった。

トイレに行くふりをしてワサビをちょっと味見してみ
たが震え上がるほどワサビそのものだった。

その後甲はカリスマ・インストラクター乙に主導権
を握られ続けることになった。

「ありがとう」といわれる度にドキリとした。

そして魔の抹茶アイスのいたずらも乙を機にピタリ
とやめた。

乙はソムリエの資格も持っていることも判明し、味
覚がおかしいはずもなかった。

恐るべしカリスマ・インストラクターの乙だった。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年04月28日 00:00

コメント