次代創造館HPへ戻る

« 想ひでの薫り | メイン | 最後の日 »

2010年04月14日

ハッピーバースデー

「誕生日、おめでとう」

甲は乙にプレゼントを渡した。

「わあ、すごい!」

甲は大手投資顧問会社に勤めるサラリーマンで、
ちょうど30歳の誕生日に1冊目の本を出した。

タイトルは、

『これは買い!とお客様が殺到する銘柄』

だった。

甲は乙の名前を入れてサインを書いておいた。

乙はあまりの感激に涙した。

数回にわたるゲラチェックはすべて乙がやってくれ
たからだ。

何十ヶ所も誤字脱字を見つけてくれた。

でも本当のプレゼントは本でもサインでもなかった。

それは翌朝甲が乙と別れた後にメールで教えてあ
げた。

「プロローグを読んでみてください」

乙はさっき別れたばかりなのに珍しく甲からメール
着信音があったことに驚いた。

電車の中でプレゼントにもらった本のプロローグを
何度も読み返した。

さっぱりわからなかった。

「何か暗号でもあるの?いったい何?」

乙は我慢できずにちょっとイライラして家に着く前
にメールを返した。

甲からはそれきり返信がなかった。

・・・・・・・・・・・・

日付が変わる1分前、甲から返信があった。

「第4段落14行目に乙の名前が隠れてます。
23時59分キミが本当に生まれた時間だね。
ハッピーバースデー。」

甲は自分の処女作に乙の名前を暗号で入れてく
れていた。

乙は涙が止まらなかった。

プロローグは涙で滲んだ。

4月14日23時59分。ハッピーバースデー。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年04月14日 00:00

コメント