次代創造館HPへ戻る

« 綺麗なのは・・・ | メイン | 想ひでの薫り »

2010年03月31日

それだけのこと。

場所は六本木ヒルズに隣接するグランドハイアット
の喫茶ラウンジだった。

ケーキセットを頼んだ乙はひと通り平らげてから、
2杯目の紅茶を飲みながら言った。

「そうそう、前から甲に1つ聞きたかったんだけど・・・」

「いいよ」

甲は言った。

「人に嫌われるの怖いと思ったことないの?」

「あ、ちなみにこれ褒め言葉ね」

乙は目をキラキラ輝かしながら言った。

「怖いと思うかどうかわからないけど、少なくとも
意識したことはないなあ、何で?」

甲はありのままを答えた。

「何でだろうねえ・・・そんな人すっごく少ないと
思うんだけどさ」

乙は2杯目の紅茶を飲み干した。

「この人には認められたい、っていう人から認め
られている絶対的な安心感があれば周囲のこと
なんて気にならないんじゃないの?」

甲は即答した。

早く本質を衝いた結論を出したがるところが甲
の悪い癖だった。

会話そのものを楽しむのではなく、他人事のよう
に冷静に正解を追求してしまうのだ。

さっきまでランチセットのパスタを食べながら話が
盛り上がっていた隣の若いカップルもピタリと話
をやめて甲と乙の会話に耳を傾けていた。

甲は今までこれで数多くの女性を怒らせてきた。

女心がまるでわからない典型的な鈍感なヤツ
だった。

「そういえばモディリアニってフランスの画家も
生前はからきし絵が売れなかったのに、交際し
ていた美女たちからは才能を完璧に認めてもらっ
てたものね。それが心の支えだったのかしら」

乙は学生の頃交際していた東京藝大に通う、
画家志望の男性によくモディリアニの話をよく
聴かされたのだった。

甲は答えた。

「モディリアニは天才だったと思うんだけど、
本当に凄いのは最後の彼女だったジャンヌ
だと思うよ。モディリアニ本人よりも彼の才能
を命がけで信じて、愛してたわけだから」

乙と隣のカップルは驚きで沈黙した。

特に隣のまだOL2年目といった女性の方は
顔こそこちらに向けていないものの、真剣そ
のもので目の前のカレの存在すら消えてし
まっていた。

「モディリアニは自分の才能が本物かどうか
不安だったからそれを酒と女で誤魔化した
んだ。でも最後のジャンヌは本物だった。
だからモディリアニは役割を終えて死んだ。
彼女もその後を追って死んだ。
それだけのこと」

乙は思わず繰り返した。

「それだけのこと・・・」

隣のOL2年目も心の中でつぶやいた。

「え?それだけのこと・・・?」

乙もOL2年目も甲のことを「好きだけど嫌い」な
タイプだと思った。

「好きだけど嫌い」・・・この女心を数学でいうと
虚数のようなものらしい。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年03月31日 00:00

コメント