次代創造館HPへ戻る

« スローモーションの殺人 | メイン | 地上256m »

2010年03月10日

幼馴染

乙はルームサービスの朝食シーザーサラダを
頬ぼりながら言った。

「昨夜の講演で、たくさん質問者がいたけれど、
うわっこれ意地悪な質問だな、って思った人が
いたじゃない」

「こんな質問していったい何になるんだろう・・・
という思いと、あなたがいったいどうやって答え
るのだろう・・・という期待が一杯になって」

コーヒーをふうふうしながら甲は答えた。

「えっと・・・誰だっけ?」

「え?憶えてないの?二人目のツンとした女性
経営者よ。周囲がドン引きしてたじゃない?」

「ああ、あの後ろの方に座っていたスラリとした
女性かぁ・・・」

「同性から見たら一目瞭然なんだけど、あの質
問は明らかにあなたを試してたのよ」

「そうなの?いかにもバツ2くらい経験してて津
田塾あたり卒業して肩で風切って生きてきたよ
うな若い頃職場の男性の誰もが憧れのマドンナ
だったって感じだね。
数年前に独立して女性ばかり集めて20人くら
いの会社をやってそうな・・・」

「何よ、ちゃんと憶えてるじゃない・・・」

乙はレタスを刺したフォークをピタリと止めて驚
いた表情で甲を見た。

甲の記憶力に驚いたのではない。

実はその女性は乙の幼馴染であり、すべてド
ンピシャに当てられたからだ。

乙は甲に内緒でその幼馴染に今回の講演の
招待をしていた。

ライバル心をむき出しにして勝負服で気合いを
入れてセミナーに臨んだ幼馴染はがっくりと肩
を落として何も言わずに会場を出て行った。

その後、幼馴染は今までとガラリと変わって、
女性っぽくなり会社の業績もますます向上して
いった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年03月10日 00:00

コメント