次代創造館HPへ戻る

« 1/260 | メイン | デジャブ:déjà-vu »

2010年02月10日

甘い生活

甲はホテルの喫茶ラウンジに女性と行くと、
いつもケーキバイキングを注文する。

自分にではない。

相手の女性のために、である。

乙はとにかくよく食べる女性だった。

ランチで体育会系の学生並の量をぺロリ
と平らげた後でも平気でケーキバイキング
で雑談しながら2時間食べ続けることがで
きた。

でもなぜか太らなかった。

あれだけ食べてもお腹は膨らまない。

いったいどこに入っていくのだろうかといつも
不思議だった。

甲はよく食べる女性が大好きだった。

それは乙がよく食べたからである。

甲はその乙のケーキを食べる表情が特に
大好きだった。

中でも乙の大好物はマカロンだ。

乙と出逢うまでマカロンの存在を知らなかった。

でも乙と出逢った初めてのホワイトデーで
PIERRE MARCOLINI のマカロンをもらった。

この世の中でこんなに美味しいものが存在
するのかと驚いた。

ベルギー生まれのマルコリーには、
ショコラティエ(チョコレート職人)として一流なだけでなく、
パティシエ(ケーキ職人)、グラシエ(アイスクリーム職人)、
コンフィズール(〈クイズィニエ:ジャム職人〉、
砂糖漬け菓子職人)の4つのディプロマを持つ天才だった。

それ以来、甘い生活から実に多くを教わった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年02月10日 00:02

コメント