次代創造館HPへ戻る

« 甘い生活 | メイン | 他人と過去は、変えられる。 »

2010年02月17日

デジャブ:déjà-vu

「私、不思議な力があるの」

乙が言った。

「毎日のように実際は一度も体験したことがないはずな
のに、すでにどこかで体験したことがあると感じることが
頻繁に起こるの。しかも鮮明なカラー映像の記憶で」

「電車に乗った時に見上げた車窓の風景とか、オフィス
で交わした会話とか、物思いに耽ったときに思い浮かん
だアイデアとか・・・」

甲が興味を示した。

「それってひょっとしてデジャブってやつか?」

「そうなの。でも物心ついたときから当たり前だったから
みんなそうだと思っていたのね。でもそうじゃないことに
気づいて・・・」

「神様は人間に昔の記憶をほんの少しだけ残しておいて
くれるっていうからな。乙にはちょっと余計に残してくれた
んじゃないのか?」

乙はちょっとうれしそうに言った。

「え!?そんなこと初めて聞いたわ。いいことなのかしら」

甲は答えた。

「それはそうだろう。前にやり残したことを今回はヒントを
たくさんあげるから必ずやり遂げなさいっていうことだから」

乙はちょっと興奮気味に言った。

「じゃあ、私はそれだけ大切な使命を担って生まれてきたっ
てことなのね?」

甲は言った。

「そうだよ。でも乙は嘘をついてるな」

ギョッとして乙は振り返った。

「どうして?」

甲は言った。

「今、こうして交わしている会話もすべてデジャブだろ?」

甲は乙よりデジャブの達人だった。

乙の鼓動が高まった。

乙が目を瞑った表情はハッキリとデジャブだった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年02月17日 00:05

コメント