次代創造館HPへ戻る

« 女性はみんな、天の邪鬼 | メイン | 1/260 »

2010年01月27日

お尻の穴まで美人。

乙と出逢ったのは銀座にある広告代理店のオ
ーナーと初めて行った高級クラブだった。

言い訳がましくなるが、甲がクラブに行ったの
はこのときが人生で最初で最後だ。

店員に

「お好みの女性は?」

と聞かれた際に自分でも忘れてしまうくらいに
思いつくまま適当に答えるとそっくりそのまま
の女性が隣に座ったのを今でも鮮明に憶えて
いる。

ホステスは全部で30人。

30人すべてに序列がある厳しい世界だ。

乙は今月入ったばかりの新人ということで紹
介された。

これは後に本当だとわかった。

甲はお酒が飲めないのでジンジャエールと
チーズの盛り合わせだった。

連れてきてもらった代理店のオーナーはお目
当てのホステスがいてすでにかなりのお金を
注ぎ込んでいたようだ。

オーナーが別れ際に言った。

「甲さんはこっち関係の店連れてくるのはあま
り効果ないみたいだね。どちらかいというと食
べる方かな?」

ということでそれ以来、そのクラブの1Fに入っ
ている有名な寿司屋で仕事の終わりにウニ丼
をご馳走になった。

相手が何に一番目がないのかを鋭く観察して
いるのだった。

甲はいろんな業界を相手にビジネスを展開して
きたが、もっとも進んでいてもっとも遅れてい
るのもこの広告業界だった。

ところが、甲はこの1回で乙を仕留めた。

費用総額0円。

戦略「ただひたすら話を聴いて質問されたことに
一生懸命に答えるだけ」。

薄暗い店で見る乙はとびきりの美人だったが、
外で見る乙は遥かにそれを上回っていた。

某テレビ番組でクラブのホステス特集をやって
いたときに乙が№1ホステスとして出ていたが、
隣にいる某女優を凌駕していたと感じたのは甲
だけではないはずだ。

甲は鳥肌が立つほど嬉しかった。

本物の美人は顔以外もすべて美人だという
ことを甲は乙から教わったのだった。

甲はもうこれで一生モテなくてもいいと思えた。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年01月27日 00:57

コメント