次代創造館HPへ戻る

« 幸運のまちがい電話 | メイン | 男前の女性 »

2009年12月16日

眠り姫

乙は本当によく眠った。

まるで眠るために生まれてきたのではないかという
女性だった。

ここまで眠ってばかりだと気持ちがいいくらいだ。

甲と出逢ったのは深夜の大手チェーン店のレンタル
ビデオショップ。

レンタルビデオショップといっても最近は書籍も結構
たくさん売っている。

そこで立ち読みしていたのが乙だった。

モデル体型の容姿とは不釣り合いの難しい専門書
を熟読していた。

乙は理科系の大学院まで修了していた。

「研究室の昼夜逆転した生活が馴染んじゃって」

というのが乙の口癖だった。

しかし乙は昼も夜もよく眠った。

不思議なのはそれでいて料理や旅行、趣味もすべ
て人並み以上にこなしていたことだった。

「人は深く眠るために起きているのであって、起きる
ために眠るわけじゃないのよ」

というのが生物学博士の乙の持論だった。

17年ゼミという蝉の話も何十回とピロートークで聴
かされたものだ。

いつも話の途中で眠ってしまうのだ。

甲が眠り好きになったのは乙の遺伝子が影響して
いるのかもしれない。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年12月16日 00:47

コメント