次代創造館HPへ戻る

« 眠り姫 | メイン | ジェラシー »

2009年12月23日

男前の女性

乙はすごくかっこいい女性だった。

女性は普通男性におごられるものだと思っている。

しかし乙はいつも割り勘だった。

仮におごられても次はお返しする、というスタンス
だった。

いつもおごられてばかりいる女性は次のことを知っ
ておくべきだ。

おごられる側は自分の分だけご馳走になったと考
えがちだが、ご馳走するほうは相手の分と自分の
分で2倍の料金がかかっている。

これが立場の違いということだ。

結局のところ、おごるほうのほうがその後の人生で
成功していることが多い。

2倍の人の気持ちがわかるからである。

甲は乙に対して今までの女性の誰よりも敬意を払っ
ていた。

何もかもが男前だった。

乙のような男前の女性もいれば、支払になると決まっ
てトイレに席を立つ不細工極まりない男性もいる。

後に乙は某上場企業の50代半ばの社長と結婚す
ることになる。

まだ29歳のときだった。

上場企業の社長とて見る目がないわけではない。

乙の男前さに惹かれたに違いない。

甲はちょっと妬けた。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年12月23日 00:40

コメント