次代創造館HPへ戻る

« あなたが二人いたらいいのに | メイン | 15歳だった。 »

2009年10月14日

立場逆転

甲は待つのが好きだ。

乙と待ち合わせをする際には、かならず待ち合わせ場所
を書店にしている。

甲はたいてい30分以上前から書店で立ち読みをしている
から、遅刻をしたことがない。

対して乙はいつも5分遅刻の常習犯だ。

仕事では甲は時間に厳しいが、乙の遅刻には寛大だ。

乙が遅刻すればするほどたくさんの本を読むことができる
からだ。

一度、乙が1時間以上の大遅刻をしたことがある。

それでも甲は怒らなかった。

怒らなかったどころか、夢中で立ち読みしていた。

いつも遅刻してきた乙のほうが怒るのだ。

「ねぇ~、まだ読み終わらないの?」

立場が逆転してしまうのだ。

甲は名残惜しそうに読みかけの本を閉じてレジに向かう。

今まで甲と付き合ってきた女性たちが甲に愛想を尽かし
て去っていくのは、デートの最中でも書店の立ち読みが
多いことだ。

歩いている途中で甲が

「あ、ちょっと寄ってく」

と言ったらおしまいだ。

最低30分は書店から出られない。

お洒落なカフェで女性が一方的に話しかけても、甲は買っ
た本が気になって仕方がない。

女性としては面白いはずがない。

これでいつも甲は付き合って間もない女性にフラれ続けて
きた。

大阪の堂島にあるジュンク堂は、甲にとって出逢いの場
でもあり、別れの場でもあるのだ。

ジュンク堂は本当の本好きが集まってくる。

他の書店と決定的に違うのは、ジュンク堂は図書館の匂
いがするということだ。

本の買える図書館なのだ。

図書館は神聖な場所であり、恋に落ちやすい。

映画Love Letterに出てくるヒーローとヒロインの同姓同名
だった藤井樹たちも図書館で恋に落ちた。

でも同時に図書館の恋は終わりやすい。

甲はデートのコースに必ず本屋を選ぶが、やがて女性
たちは待ち合わせ時間に来なくなる。

なぜなら、6時間以上遅刻しても催促してくれないから。

甲はそのまま黙々と立ち読みし続けているのだ。

乙との別れもやっぱり同じ原因だった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年10月14日 00:53

コメント