次代創造館HPへ戻る

« 君は本屋の店員だった。 | メイン | あなたが二人いたらいいのに »

2009年09月30日

よかった、落ちてくれていて…

勝負は、一瞬だった。

掲示板に甲の番号はなかった。

「や、やったぁ~」

後から後から押し寄せる群れの中、ただ一人だけ、
バンザイをするスラリとした長身の女性がいた。

甲の腕にしがみついていた乙だった。

「よかったぁ~、あなたが京大に落ちて。
初詣でお願いしたことが叶った。神様って本当にいるのね」

乙は涙ぐみながら言った。

乙の顔があまりにも幸せそうだったので、
アメフトの部員たちに二人で揃って胴上げされてしまった。

立て続けにフラッシュが光った。

レポーターは甲にではなく、垢抜けた乙にマイクを向けた。

「おめでとうございます!合格の要因は何ですか?」

乙はハキハキと答えた。

「はい。愛の力です」

甲は異様な盛り上がりを見せたこの写真が、
来週号の「サンデー毎日」の表紙に掲載されないかヒヤリとした。

・・・・・・・・・・

二人ともようやく掲示板の人だかりから脱出した。

「オマエ、どういうつもりだよ」

甲は乙の腕を引っ張って顔を睨んだ。

「だって、これで一緒に慶応に通えるもん」

乙は慶応大学理工学部に進学が決まっていた。

乙は屈託のない笑顔で甲の腕に力一杯しがみついて囁いた。

その瞳の中にかすかな寂しさが垣間見えた気がする。

甲はこのときの乙の笑顔を生涯忘れることはないだろう。

甲は落ちたら潔く、
乙と一緒に合格していた慶応に通うと約束していた。

甲はこのとき初めて今まで交際してきた乙に対して、

「コイツ、すごいな」

と脅威を感じた。

1ヵ月後、
甲は乙に内緒で後期日程に出願していた、野暮ったい
某国立大学のキャンパスにただ1人ポツリとラコステの
ポロシャツを着て立っていた。

はるばる新幹線で到着した駅のホームにはさとう宗幸の
感動的名曲「青葉城恋唄」が流れていた。

寒さと共に、身に沁みた。


乙は現在、物理学者として活躍している。

ホームページで学者プロファイルを見る限り、
まだ旧姓のままだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年09月30日 00:37

コメント