次代創造館HPへ戻る

« 落ち目のホテル | メイン | 顔写真 »

2010年07月27日

文句・愚痴

今まで誰もハッキリと答えなかった質問に対する回答を
公開したい。

「なぜ、経営コンサルタントのような職業が成立しているのか?」

「なぜ、若いのに次々に夢を実現している人がいるのか?」

「なぜ、あの人はあれほど短期間で成功したのだろうか?」

雑誌やテレビを見ていて、そんな疑問を持ったことが一度や
二度ならずあるはずだ。

単純明快である。

「みんな、あまりにも勉強不足だから」

たとえば冒頭のコンサルティング会社はみんな小規模だ。

対してクライアント企業は大企業などの組織化されたところ
が多い。

組織化されると人間は貪欲さも切羽詰まった焦りもなくなっ
てしまう。

動物園のライオンのように大きな口を開けてあくびをするよう
になってしまうのだ。

もし私が20代で勉強不足だと感じたら、ボーナスをすべて
注ぎ込んで本棚1つ分の本を買う。

1日かけて丸善、紀伊國屋等の大手書店で手に触れた
本をすべて買ってしまうのだ。

仮に100冊買っても、高々10万とか15万である。

それを休日や長期休暇にグッと集中して読破するだろう。

1年計画でもいい。

関心を持った分野でちょっと詳しくなろうと思ったら、
別の3人の知識人の出している本を1冊ずつ、計3冊通読
するだけで社内では一端の専門家扱いをされる。

理由は簡単で、そのくらいみんな勉強していないからだ。

テレビや新聞で伝えられるのは、情報。

書物に書いてあるのは、知識。

書物に書いてあることを自分で考えて醸成したものが、
知恵。

情報×情報=知識。

知識×知識=知恵。

「なるほど!」と呑気に感心している場合ではない。

勉強不足だと経営コンサルタントだけでなく、国や地方
自治体からも搾取され続けてしまうから。

文句を言うより、勉強しよう。

愚痴を言うより、勉強しよう。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年07月27日 00:00

コメント