次代創造館HPへ戻る

« 一流のサービスとは | メイン | 贈り物 »

2010年06月29日

やればできる?夢は叶う?

学校教育や質の悪い親の中には、子どもに、

「やればできる」

「夢はいずれ必ず叶う」

と連呼する人がいる。

果たして、本人たちは本気でそんなことを思っている
のだろうか。

少し利口な子どもであれば、今どきの小学生なら、

「じゃあ、先生はやらなかったんだね」 

「お父さんは野球選手になることよりも、毎日お酒
飲んで酔っぱらうことが夢だったの?」

と反論してくるに違いない。

学生時代にスポーツや藝術、勉強に打ち込むという
ことは、

・やってもできないことが無数にある

・夢が叶うのは才能のある分野で途方もない努力
を積み重ねた結果のみである

ことを知るためである。

私は一部の都会で行われている中学受験というのを、
全面的に否定しない。

なぜなら、謙虚になるからである。

中学受験をすると人間の頭は遺伝子で決まるし、
努力したからといって報われないこともわかる。

地方のお山の大将公立高校から早稲田大学に入ると、
間違いなくプライドが高くなってしまう。

でも、開成高校から早稲田大学に入るとたいへん謙虚
になる。

劣等感の呪縛からは一生解かれないものの、自分
のことを凡人であるとわきまえている。

みんなが同じ土俵で、同じ競技で競い合うということ
が、どれだけ子どもの人生を棒に振ってしまうのか、
くらいは知っておきたい。

自分と配偶者の遺伝子を見たら、どこで勝負させな
ければならないか、

・やればできる分野は何なのか?

・叶う可能性の高い夢はどの分野なのか?

が浮き彫りになってくるはずだ。

才能のない分野で行列に並ぶことほどバカを見る
ことはない。

日本には3万近くの職業が存在する。

学生時代は5科目だったが、社会人になったら3万科目
なのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年06月29日 00:00

コメント