次代創造館HPへ戻る

« 地べたにカバンを置く人。 | メイン | 引っ越し屋さん。 »

2010年05月18日

「ちょっと今細かいのないから貸しておいて」

年がら年中、同じセリフを吐いているダメな人がいる。

ダメな人というのは継続的にダメなのだ。

支払いの際になると必ずと言っていいほど、

「ちょっと今細かいのないから貸しておいて」

という人がいる。

不思議なことに年齢に関係ないのだ。

たまにこのセリフを口にするわけではない。

節目節目においてすべてこのセリフを口にするのだ。

その人が貸してもらった小銭を相手に返すことは永遠にない。

そしてその蓄積が人望を失っていく。

不思議なもので小銭を持っていない人はいつも持っていない。

理由は簡単だ。

支払いの際にいつも周囲に立て替えてもらっているからである。

いつも立て替えてもらって支払わないから、いつも小銭がない。

結局ケチな人というのは人生すべてにおいてケチなのだ。

解決方法なんて簡単である。

立て替えてもらわないで、自分が代表で支払えばいい。

そうしたらいつも小銭が自分の財布に入っている状態になる。

実は小銭というのはその人の人望である。

いつも小銭がある人とない人の2通りしかいないのだ。

人望のある人とない人の差が露呈されるだけのことだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年05月18日 00:00

コメント