次代創造館HPへ戻る

« 銀行は負債の塊 | メイン | 「ちょっと今細かいのないから貸しておいて」 »

2010年05月11日

地べたにカバンを置く人。

カバンを電車の中や路上で地べたにおいている人が
いる。

私の見たところ2人に1人より多くのビジネスパーソン
がそんなことを平気でやっている。

私は今までカバンを地べたに置いたことは一度もない。

出張中にどんなに重い鞄を持っていようと、必ず手に
持ち続ける。

自分の美学が許さないからだ。

訪問先ではカバンをハンカチの上に置くという、プルデ
ンシャル生命保険の№1セールスパーソンである、
川田修さんは本を出している。

素晴らしい心がけだと思う。

地べたに置いたカバンを訪問先でそのまま床に置いて
しまう人がいるが、恐ろしい行為だと思える。

ファーストフードでも立ち食いそばでもカバンを入れる籠
やコートをかけるハンガーは最低限準備してもらえない
ようでは困る。

だから私はファーストフードや立ち食いそばには重い鞄
を持っているときには絶対に入らない。

10倍の経費をかけてでもちゃんとしたレストランやホ
テルで食事をする。

味にうるさいわけではない。

カバンを地べたに置きたくないからだ。

クライアント先でもカバンは必ずそれ相応のテーブルや、
椅子の上に置かせてもらっている。

少なくとも日本という国において生きる限りはこうした
感覚がなくなったら人間おしまいだと思う。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年05月11日 00:00

コメント