次代創造館HPへ戻る

« ビジネスは結果がすべて | メイン | 体感温度 »

2010年04月13日

発案者

よくマスコミでヒット商品の発案者として華々しく
紹介される人がいる。

有名企業の責任者だったりする。

場合によっては雑誌に取り上げられたり本を書
いてしまったりするものだ。

私が今まで企業コンサルティングをしてきた中で
ハッキリといえることがある。

サラリーマンとしてヒット商品のインタビューを受
けている管理職は本当の発案者ではない。

実はその人は若手が発案した企画を必死で
もみ消そうと邪魔していた張本人であることが
多い。

残念ながら、これが事実だ。

大企業からヒット商品が出ると不思議な現象
が起こる。

「あれはオレが考えた」

という人がそこら中で出没するのだ。

酷い場合になると隣の部署で座って

「何夢みたいなこと言ってんだ、バカだな」

と冷ややかな目で見ていただけの傍観者が一
瞬にして自称発案者に変身してしまう。

これが人間だ。

その会社から脱サラした人が有名人になると、

「アイツはオレが育てた」

という元同僚が続出する。

いずれも当の本人は黙っていて表には出てこ
ないのだ。

人間というのは本当に不思議な生き物である。

ある意味反対を考えればいいからわかりやす
いといえばわかりやすい。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年04月13日 00:00

コメント