次代創造館HPへ戻る

« 小さな会社 | メイン | 大人になったら失敗は許されない? »

2010年03月02日

人材育成セミナー

教育研修セミナー会社が開催している人材育成
セミナーが今も昔も流行っている。

これらが対象としている会社の大半が中小企業の
ことである。

中小企業とは従業員数100人以下の会社である。

更にいうと従業員30人未満の零細企業が大半で
あろう。

こうしたセミナーに参加しても成果が出たという話を
からきし聞いたことがない理由は簡単である。

参加者が間違っているからだ。

人材育成セミナーの対象は経営幹部とされている
ことが多い。

これを鵜呑みにして名ばかりの専務や部長、課長、
班長が社長に指名されていやいや参加している。

中小企業、零細企業にとって経営幹部とはただ
一人、社長のことなのだ。

それ以外に幹部などどこに存在するのか。

虫眼鏡で探しても見つからないだろう。

「全従業員が経営者意識を持って」

などというのなら、全員に社長と同じ給料を支払い、
全員にストックオプションを持たせて共同経営者
(パートナー)にすべきなのだ。

人材育成セミナーとは、社長育成セミナーに他
ならない。

自らの教育をないがしろにして他人に教育を受けさ
せても何ら意味がない。

ここでも中小企業や零細企業が大企業のまねごと
をしてはならない。

そんなことをしても、教育研修セミナー会社を儲けさ
せるだけである。

特に従業員30人未満の会社では人材というのは、
社長そのもののことであると再認識すべきだ。

そこからすべてが始まる。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年03月02日 00:00

コメント