次代創造館HPへ戻る

« ゴールド免許 | メイン | 人材育成セミナー »

2010年02月23日

小さな会社

小さな会社のメリットは何だろう。

日本における会社で従業員数が100人まで
の会社を便宜上「小さな会社」と呼ぶことに
しよう。

現在日本には従業員が10人未満の会社が
80%。

30人未満の会社が94%。

100人以下の会社が98%となっている。

つまり会社の98%が100人以下の小さな
会社なのである。

小さな会社同士の社長がお互いに

「いや、おたくのような大会社とちがって・・・」

と言い合っているが、実際は間違っている。

そしてここからが大切なことだが、会社は大き
ければいいというものではない。

大きさを追求して尊敬される時代は20世紀に
終わったし、これから目指してもそれはモノマ
ネに過ぎない。

小さな会社「ならでは」の強みは何か。

それは

変幻自在性

スピード

だと思う。

100人に満たない会社は規模でいえば米粒
のような超零細企業である。

米粒から変幻自在性とスピードを除いたら何
も残らない。

にもかかわらず、大企業の真似をして頑固で
しきたりにやたらうるさく、スピードの鈍い社長
も少なくない。

不思議なことに高々20人クラスの会社で決断
するのにトップ以外の役員たちと何週間もかけ
てネチネチ相談しているところもある。

小さな会社は社長1人がその場で決めればいい。

それができないなら社長を辞めるか会社をたた
むべきである。

ヒト・モノ・カネ・情報すべてにおいて小さな会社
を凌駕している大企業に一瞬で抹殺されてしま
うだろう。

21世紀は規模のメリットは0とは言わないが、
大きく意味が変わってくる。

逆に小さくても強い会社を創っていくチャンスが
到来している。

小さな会社のメリットを存分に活かすべきだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年02月23日 00:00

コメント