次代創造館HPへ戻る

« 「ありがとう」 | メイン | 結 婚 »

2009年10月06日

本当の悪。

実際に全国各地で仕事をしていて感じるのは、
どこでも不正に生活保護を受けている人たちがわんさ
かいる、ということだ。

平気で真昼間から煙草を咥えながら、しかも中にはタ
クシーでパチンコ通いしている。

失業手当をもらっているような人たちの大半は本質的
にその資格がないこともみんな薄々気づいている。

こんな実態は誰でも知っているはずだ。

市役所や県庁にふらりと行くと、そこには民間企業で
あればとっくにリストラされるべきの余剰人員がスロー
モーションで仕事をしている。

公務員の数も実際には今の3分の2、実質は半分で
事足りる仕事をやっている。

以前会社を2,3年で辞めて公務員になった同僚が言っ
ていた。

「仕事を早く仕上げると露骨にいやな顔をされる」

「集中したら2時間で終わる仕事を8時間に延ばしている」

そんなに早く仕上げられたら、みんなサボっているのが
バレてしまうではないか、と叱られるという。

ムダな公共工事についてもすでに露呈されているが、
これらはまだ氷山の一角に過ぎない。

実は財政悪化問題の解決というのは、足元の「みん
なが知っているズルい」ムダを完全に排除するところ
からがスタートなのだ。

サラリーマンも公務員も会社から組織から働き以上の
分け前をたかり続け、さらにそれだけでは飽き足らず
に国や地方からもたかりを続ける。

こうしたオトナたちに生んで育てられた子供がまとも
なココロを育むとは考えにくい。

実は財界や官界の要人を非難する資格のまったくない、
善人面した極悪一般人がウヨウヨいるのだ。

個人レベルでならかつての堀江貴文氏、守屋武昌氏レ
ベルの罪を批判する資格のない人なんてゴロゴロいる。

逮捕する側の警察にしても、本来逮捕する資格のない
ことを日常生活でやっていることもありうる。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年10月06日 00:35

コメント