次代創造館HPへ戻る

« マービン・バウワー | メイン | MSX »

2010年08月30日

キン肉マンとバーベル

僕の大学4年間はバーベルに始まり、
バーベルに終わった。

小学生の頃、一番好きなアニメは、

『キン肉マン』

だった。

近所でも僕のことをキン肉マンと呼ぶ
子どもがいたくらいだ。

それはともかく、

WikipediaならぬNikupediaが存在する
ことはご存知だろうか。

僕は毎週火曜日発売予定の週刊少年
ジャンプを裏ルートで前の週の土曜日
に入手していた熱烈なファンだった。

だから土曜日は授業にまったく集中で
きなかった。

大学ノートや新聞広告チラシにキン肉
マンに出てくる超人たちを狂ったように
書きまくった。

筋肉の凸凹を書くのが大好きだった。

キン肉マン消しゴムは全シリーズ毎日
枕元に置いて寝ていた。

それだけではない。

風呂にも入れていた。

ほとんど病的だった。

著者が「ゆでたまご」という名前だった
ために、硫黄のような匂いが嫌いだっ
たゆでたまごを克服したくらいだ。

筋肉そのものが好きだったこともあった
が、超人たち一人ひとりの実力を示す
超人パワーの数値や身長体重データ
を記憶して分析していくのが大好きだっ
た。

にもかかわらず、筆者の気まぐれには
いつも裏切られて打ちのめされ続けた
ものだ。

このエネルギーが後に4年間のトレー
ニングに直結する。

バーベルに触れるだけでも至福の瞬間
なのに、それでトレーニングできること
は夢のようだった。

どんなトレーングでも苦にならなかった。

バーベルに触れながら死ねるなら本望
だと思っていた。

4年間は就職活動すらすっぽかして、
本当にバーベル一色の汗まみれの人
生だった。

未だに掌はグローブの様でマメが残っ
ている。

「もっと何かに打ち込んでおけばよかった」

とか、

「若いうちにもっと運動しておけばよかった」

なんて微塵も思わない。

バーベルから学んだことは数知れない。

でも、不思議なものだ。

卒業後、社会人になってから一度もバー
ベルに触れていない。

嫌いになったわけでも飽きたわけでもな
いのに、本当に不思議だ。

追伸.
ウォーズマンバッファローマンに脇腹
を突き刺された時には、あまりにもショック
で自分の脇腹も本当に激痛が走りました。
本気で悲鳴を上げました。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年08月30日 00:00

コメント