次代創造館HPへ戻る

« HERMES エーゲ | メイン | 菜根譚 »

2010年07月05日

HERMES ガダルキヴィール

そうこう言っているうちにまた妹から今度は南青山
書斎オープン祝いと誕生日プレゼントが一緒になっ
て送られてきた。

今度遊びに行くから、暗に丁重なおもてなしを期待
しているというかわいらしいメッセージ付きだ。

エルメス ガダルキヴィール マグカップ

といった先週紹介したものとは対極の明るい模様
のマグカップだ。

早速翌日、仕事で編集長に僕が愛飲している杜仲茶
を出してみた。

・・・まったく気にもとめられなかった(泣)

幾分、前回紹介したエーゲよりも薄い。

だからより洗う際など扱いに慎重になる。

うっかりこれを持ったまま転んだら、骨を折ってでも、
守りそうだ。

それではまったく本末転倒なんだけどな。

そんなバカげた人生も、僕にはいいかもしれない。

追伸.
また思い出した。

前回とは別のこれまた6歳上の女性との今回は
保険会社時代のエピソード。

部内では誰もが知る取引先の謎の独身美女だった。

僕が入社2年目でその取引先の担当になった時には、
社内はブーイングの嵐だった。

その女性が大のエルメス好きだった。

よく仕事でケンカした。

彼女がエルメスのスカーフをしていた時に、ちょっと寂
しそうな顔をして僕に言った。

「千田さん、エルメスってね、他のブランドと違っ
て飽きがこないのよ」

当時僕が付き合っていた女性はグッチ派だった。

前回の「味が違うのよ」よりはマシかもしれないが、
その意味がよくわからなかった。

当時の彼女の年齢を僕は超えたが、それでもまだ
当時の彼女のほうが大人だったような気がする。

今度は僕が確かめてみよう。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年7月刊『転職1年目の仕事術』
★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年07月05日 00:00

コメント