次代創造館HPへ戻る

« ゴルゴ13 | メイン | 『僕は、涙の出ない目で泣いた。』 »

2010年06月07日

オードリー・ヘップバーン

ここまで美しいと世の女性は嫉妬すらしないだろう。

オードリー・ヘップバーンからは映画だけではなく、
その生きざまから多くを教わった。

1.美人は苦労が絶えない

2.美人は本能が発達している

3.美人は本能に忠実

4.美人は笑顔1つで世界を左右させてしまう

5.美人は香水のかけ方が上手い

6.美人はキスが上手い

7.美人は群れない

・・・

美人は美人であるがゆえに苦労が絶えない。

でも苦労が絶えないから美人でなくてよかった、という
のは間違っている。

僕が女性ならたとえ30年の薄命で苦労の連続でも、
迷うことなく美人の人生を選ぶ。

美人は死に際が潔い。

美人はやせ我慢ができる。

男性も同じだ。

逃げずに勇気を持って生きた30年の人生は、逃げて
弱く生き伸びた100年の人生より尊い。

やせ我慢ができなくなったら人生のスタートメンバーから
降りなければならない。


追伸.

日本で美人といえば小野小町だろう。

最後は小野小町の辞世の歌とも言われる

我死なば焼くな埋むな野に捨てて痩せたる犬の腹をば肥やせ

の歌からわかるように皆に寄って集って貶められかつ
蔑まれたが、僕は彼女を支持したい。

僕は小野小町の晩年こそが美人の証だと確信している。

追伸の追伸.

『ローマの休日』では香水の使い方を教わった。

練習しすぎてしばらくの間、部屋中がたいへんになった。

追伸の追伸の追伸.

そういえば、大学時代オードリー・ヘップバーン
の生き写しではないかと思える他学部の女学
生がいた。

周囲が畏れおののくほどのオーラを発していた。

すれ違ってもすぐには振り返ることができないく
らいの美人がいるだろう、キミがその女性だった。

第2外国語の中国語の授業で偶然同じになった。

授業が終わってから話しかけた。

「名前、何ていうの?」

もちろん本当は綿密な事前調査により、フルネ
ームと出身高校も把握していた。

普通大学生は群がって騒いでいる。

彼女はいつも純白のスーツで1人颯爽と歩いていた。

僕も1人だった。

チャンスは1人のときにしか訪れないということを、
彼女から学んだ。

ありがとう。

まだ、仙台かな?

よかったらまた利府のスタミナ太郎で抹茶アイス
食べよう。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年06月07日 08:38

コメント