次代創造館HPへ戻る

« スターバックス | メイン | オードリー・ヘップバーン »

2010年05月31日

ゴルゴ13

プロフェッショナルとは何か・・・それは漫画

『ゴルゴ13』(さいとう・たかを著)

から僕はすべて教わった。

ゴルゴ13から学んだプロフェッショナリズムを
3つに絞るとこうだ。

1.報酬に値引きなど無縁

2.時間死守

3.接待と無縁

1については今更いうまでもなくゴルゴはお金
が欲しいわけではない。

そもそもゴルゴがお金目当てなら、わざわざ
リスクを冒して面倒な仕事をする必要などなく、
いつでもラクラク強盗をこなしてお金を手に入
れることができるからだ。

プロフェッショナルにとって報酬は、相手
の真剣さを見極める究極のコミュニケー
ションなのだ。

だから値切った相手とは仕事できない。

2については時間厳守ではなくて時間死守
である。

プロフェッショナルにとって遅刻は死を意味する。

もし仕事の期限を1秒でも過ぎたら、そこにフィー
は発生しない。

3については接待をすることはもちろんのこと、
受けることとも無縁だということだ。

接待の本質を突き詰めていくと、仕事の詰め
の甘さを誤魔化すための手段に過ぎない。

もし完璧な仕事をしていれば接待とは無縁の
人生が送れるのだ。

僕は昔から13という数値が好きだ。

13という数値は美しい。

大半の人たちが避けたがるためにいつもそこには
大きなチャンスが眠っている。

高層マンションなら13階か最上階を希望したい。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年05月31日 00:00

コメント