« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月26日

宮城県仙台市 佐々久

学生時代に体育会ボディビル部に属していた僕にとっ
て、至福の瞬間が腹一杯食べることだった。

仙台市内に住む体育会系の猛者どもなら必ず知って
いる貧乏学生御用達の伝説の定食屋さん。
※といってもここ10年余りで1.6倍にインフレ!!

先日一緒によく通った学生時代の友人から数枚の
写真が送られてきた。

宮城県仙台市 佐々久
※「仙台 佐々久」で検索:ブログ「テラめし倶楽部」

とんでもない量のごはん、キャベツ一玉分あるのでは
ないかと思える不必要なほど多いてんこもり千切り。

そこには何倍にも水で薄められたと思われるマヨネー
ズが細~くなって何重にも振り注がれている。

いつから油交換していないんだろうな、と不思議に思
える子どものこぶし大の塊がゴロンゴロンと転がって
いた真っ黒の唐揚げ。

独特の味付けで味噌汁と呼んでいいのかわからない
お吸い物。

いったいどこのメーカーのケッチャップが使われている
のか未だに不明なドロドロのスパゲティ。

10年以上干していないであろう座布団。

ソースにまみれた20年以上前のマンガ本。

教えてもらわなければそこが定食屋さんとわからない
幽霊屋敷のような店舗。

どんなに飲食店の専門コンサルタントたちが分析して
も繁盛の理由も存続の理由も解明できない。

熱烈なリピーターと口コミによって存続している。

一つだけ言えるのは女性をデートで連れて行くには、
もっとも遠い存在の店だ。

逆にいえばもうそろそろ潮時かな、という女性をここに
連れていけば、間違いなくその想いはダブルカウンター
パンチで伝わるであろう。

でも1回くらいなら物珍しさにキャッキャと喜んでくれる。

出された定食の9割5分を残されるが・・・

「ムリ」

という決め台詞を残されて。

そして僕はこのとんでもない量の定食を1.95人分
いつも食べていた。

社会人になってからも世の中にはかくあるべしと
いった“絶対”は存在しないのだ、と謙虚な気持ち
になれた。

僕は心身ともにこの佐々久に育てられた。

この店のおやじさんは油だらけの手でお釣りを渡して
くれて、そのお釣りを触った手でそのままキャベツを延
々と刻み続ける・・・

深い・・・何とも不思議だ。

すべての接遇が教科書の対極だ。

つくづくコンサルタントのサービス戦略や店舗戦略の
ルールが無力であることを思い知らされる。

ああ近所にあったらまた毎日通うのに。

仙台市に引っ越したくなってきたな。

作家の伊坂幸太郎さんがうらやましい。

たぶん、佐々久行ったことないと思うけど。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:00 | コメント (0)

2010年04月19日

THE BLUE HEARTS

生まれて最初に音楽で魂を揺さぶられた最初の
経験は

およげたいやきくん

との出逢いだったらしい。

「らしい」というのはまったく記憶にないからだ。

幼稚園に入る前、意味もわからずに何度も大声
で歌っていたらしい。

でもこの曲が流れると今でも何ともいえない感傷
に浸ってしまうのだ。

すごく寂しい曲だ。

物心ついてから魂を揺さぶられたのが、

THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」だ。

恐らく学生時代にこの曲だけでも10000回以上
聴いた。

この1曲だけのために立派なコンポを揃えたくらい
である。

歌唱力ではなくて魂で訴えている。

僕が好きになる曲はいつも寂しいものばかりだ。

パンクロックというのは寂しさの塊だ。

ブルーハーツの4人のメンバーはみんな孤独だ。

孤独だからこそ社会情勢や人間の本質をよく観
察できるのだと思う。

人は1人になる時間を確保しなければ成功で
きないというのは、ブルーハーツに教わった。

ブルーハーツの歌詞はその後文学性を高く評価
されて、NHKでも取り上げられた。

僕は今、1日中執筆活動をしている。

注文がなくても95歳までの原稿をすべて書き上
げていくつもりで毎日猛スピードで生きている。

エキサイトしてくると手が火照ってまるで別の生き
物のようにものすごく熱くなる。

氷を入れた冷水に毎日10回以上手を浸す。

氷の入った冷水に手を浸ける瞬間が僕にとっての
およげたいやきくんであり、ブルーハーツだった
ことに気づかされた。

だから元気が出るような明るい音楽は苦手だ。


追伸.
森田童子の『僕たちの失敗』も最高です。
彼女もまた天才だと思います。


...次代創造館、千田琢哉

★2010年4月刊『20代で伸びる人、沈む人』
★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:00 | コメント (0)

2010年04月12日

『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』

「この世で私にとって最高のものは、女性。
・・・そしてずっと離れてフェラーリだ」

この映画のタイトルはここからきている。

人生は、女と金。

能書きや綺麗事はどうでもいい。

これほど自然の摂理に則った、正直な人生もない
だろう。

以前、外資系金融機関に勤務していた気鋭の評
論家・副島隆彦氏が著書の中でこんなことを述べ
ていた。

もちろんスーパーエリートの超ハードワーカーたち
の会話だ。

「おい、お前、俺たちは何のためにこんなに一
生懸命になって働くのか考えたことあるか?」

「旨いもん食って、いい女と寝るためだ」

・・・・・・・・・・・・

アル・パチーノが身長163cmしかない俳優だと
いうことをご存知だろうか。

いつもその小柄を感じさせないような哀愁漂う、
決して多くを語らないが説得力溢れる演技が僕
は大好きだ。

この映画

『セント・オブ・ウーマン 夢の香り』

ではかつてリンドン・ジョンソン大統領のスタッフ
にも加わった経歴を持つ元エリート軍人(陸軍中
佐)を見事に演じている。

際立って有能で組織内でも一目置かれていたが、
そこはサラリーマン社会の常である。

毒舌ぶりが災いして左遷されてしまい、左遷先の
基地で酔っぱらいながら手榴弾で仲間と遊んで
いたところ、爆発して完全に失明してしまった。

ボストン郊外で傷痍(しょうい)軍人恩給を受けな
がら姪一家のお世話になっている。

もちろんプライドは果てしなく高く、筋金入りの軍人
らしく頑固者で厄介者扱いされていることは想像
に難くないだろう。

毎日部屋に籠りきってアルコール漬けの生活を
送っていた。

そんな荒んだ生活の中、ハーバード大学への最短
コースである名門ベアード校に特待生で全額授業
料免除として通う貧乏学生と出逢う。

年齢も育った環境もあまりにもかけ離れたこの2人
の出逢いがわずか2泊3日の旅行を共にすること
により大きな化学反応を引き起こして、人生を変え
ていく。

まったく接点のない2人に見えたが、それぞれの人
生で疎外感を持っていた、つまり孤独だった、
という点においては見事に一致していたのだ。

運命を大きく変えるような出逢いには2つの条件
が必要だ。

1.互いに、実力があること

2.互いに、孤独であること

以上


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:00 | コメント (0)

2010年04月05日

『強い子』

最近はyoutubeという動画から安っぽい感動本やB
級映画やメロドラマなんてバカバカしくなるくらいの
本物が続々と生まれている。

有名どころに、

『オバマ大統領の勝利演説』

『スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式で
のスピーチ』

『ランディ・パウシュの「最後の授業」』

があるのはあまりにも有名だ。

タダでこれだけのものが世界中に流れているのだか
ら、出版業界や新聞社といったマスコミが不況なの
も何ら不思議ではない。

そんな中、日本でも何度観ても新しい発見がある
動画を以前見つけた。

福島正伸さんという経営コンサルタントの本の中に
出てくる実話をベースにした物語である。

『強い子』

経営コンサルタントというのは究極の横入り人生だと
僕は思っている。

こんな職業に出逢って幸運だったと、心底感じる。

普通のサラリーマンだったら40年かけても出会えな
いような人たちと会えるし、1対1で面談できるからだ。

そんな中で普通の人であれば+100から-100の
振幅の人生を歩むのに対して+1億から-1億の振幅
の人生を歩んでいる人たちから学ぶことができた。

この『強い子』から学ぶことは決してプラス発想とか、
勇気とか言葉で表せることじゃないと思う。

人生すべての凝縮がここにあると感じた。

学んだのではなく、ただ「感じた」のだ。

本当にいい映画を観た後、しばらく誰とも話したくない
余韻に浸りたい感じたい時間があるだろう。

あの時間にこそ、人は成長しているのではないか。

僕はそう、感じる。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:00 | コメント (0)