次代創造館HPへ戻る

« 生涯の師匠Sさん | メイン | 『強い子』 »

2010年03月29日

カルティエのボールペン

僕は今、2007年10月に1冊目の本を出してから
ずっと使い続けているボールペンがある。

ディアボロ ドゥ カルティエ ボールペン

何度聴いても忘れてしまうが、そういう名前らしい。

たぶん、このまま一生憶えられないだろう。

外車の名前やブランド品の名前を憶える記憶力は
僕には用意されていないらしい。

無関心なことにはまったく頭が働かないという困っ
た人間だ。

処女作の出版祝いにプレゼントされたのだ。

何やら仰々しい箱と袋に入っていたので高いんだ
ろうな、と思って

「うわ~っ高そう!1万円くらいするの?」

と思わず口にしてたいへんな顰蹙を買ってしまった。

それまで僕は会社で与えられた1本80円のボール
ペンをこよなく愛していたのだから。

最初はやっぱり80円のボールペンのほうが使いや
すかった。

慣れるのに6ヶ月かかった。

でも2年過ぎた今ではこのボールペン以外は使う気
になれない。

というかもうこれ以外は使えないのだ。

すごく失礼だが、郵便局や銀行で書類を書く際に手
渡してくれるボールペンにはいっさい触れずに、この
ボールペンをわざわざ取り出して記入する。

別に厭味でやっているわけではない。

本当に一度慣れたらこれ以外はもう嫌だ、と生理的
に思ってしまうトイレのウォッシュレットに似ている。

その後世界最強といわれるコンサルティング会社の
幹部が書いたある本を読んで驚いた。

「コンサルタントで安物のボールペンを持っている
ヤツはその時点ですでに終わっている」

80円のボールペンを長年使い続けていた僕はドッ
と冷や汗をかいたものだ。

筆者の主張はブランド志向というわけではない。

さすがに理にかなっていた。

コンサルティングという知的で高価な商品を扱っ
ているのに、その契約を結ぶ際に相手に差し出
すことになるかもしれない唯一の小物が安物だ
ということは相手を舐めていることになる

というのだ。

思わず唸ってしまった。

反論の余地なし、だった。

その後肌身離さず持っているし、今ではこれがなけ
ればよいアイデアが出ないくらいの相棒になった。

肌身離さず持っているために、アイデアを書き漏ら
すこともない。

寝るときも枕元に置いて寝るから、夜中の3時に夢
の中で浮かんだアイデアも掌に書くことができる。

高価な傘を買ったものの、それをなくしてしまったら
どうしよう、という心配と同様にこのボールペンをな
くしたらどうしようという緊張感もたまらない。

自分からは絶対に買わないような代物だったが、出
逢って本当に良かった。

一生モノの僕の分身である。

ありがとう。

本当に、ありがとう。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2010年03月29日 00:00

コメント