次代創造館HPへ戻る

« カサブランカ | メイン | 車上粗し »

2009年12月07日

中学のH先生

人生において絶対に気の合わない人物との
巡り合わせほどたいせつなものはない。

僕にこれを教えてくれたのは中学2年で担任
になったH先生だ。

H先生とは何とその後2年間の付き合いになっ
てしまう。

そう、中学2年のみならず中学3年でも担任
をしてもらうはめになるのだ。

当時は地獄だった。

もはや生理的に受け付けない世界唯一の人
だと思っていた。

しかし今から思い出せば、学生時代の先生
で真っ先に僕が顔を思い浮かべるのはH先生
なのだ。

H先生の考え方がすばらしいというのではない。

この人との出逢いがなければ、今の僕は絶対
にないということなのだ。

人間は強制的に大嫌いな人と一緒に仕事をす
る期間がなければ成長などできない。

自己革新などできないのだ。

最高の環境と最悪の環境は同じなのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年12月07日 03:38

コメント