次代創造館HPへ戻る

« SWOT分析 | メイン | 中学のH先生 »

2009年11月30日

カサブランカ

「君の瞳に乾杯・・・」

というセリフを世界中に広めた映画『カサブランカ』だ。

名作というのはその後何十年、何百年という歴史に
わたって何かを刻むのが共通点だ。

作家が本を書いたり、起業家が会社を発展・存続さ
せたがるのもきっと何かを遺したいからだ。

人は肉体が滅んでから地球上で友人知人を含めて
孫や曾孫、玄孫・・・と誰もその人のことを知る人がい
なくなった時が本当の死だ。

その意味では徳川家康や織田信長、豊臣秀吉はま
だ生きているといえる。

特に男性は子どもが産めないために、猛烈な創作意
欲を作品に対して燃やす人が多い。

ハンフリー・ボガードは身長170cmちょっとしかない
小柄なハリウッドスターで相手のイングリッド・バーグ
マンと釣り合いがとれるように撮影するのは困難を極
めたははずだ。

この映画には“男のやせ我慢”の美学を学んだ。

男の価値というのはどれだけやせ我慢ができるのか、
という部分にあるのかな、と教えてもらった。

個人的には僕がもし女だったら、英雄的な反ナチスの
指導者ヴィクター・ラズロを演じたポール・ヘンリードに
惚れるだろうな、と感じた次第だ。

彼もまた“やせ我慢の男”だった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年11月30日 00:21

コメント