« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月26日

小学校3年生担任のS先生

S先生は女性だ。

大学を卒業したばかりの1年目の若くて綺麗な先生
だった。

念願の教師への第一歩を踏み出したS先生は希望に
満ち溢れていた。

ところがS先生にはクラス全員で本当に迷惑ばかりをかけた。

結局僕たちのクラスの担任になった翌年に辞めた。

毎日泣き崩れていた。

憧れて教師になったのに何一つできなかった、
机上の空論とは全く違った・・・
と地獄の日々だったに違いない。

授業も本来の半分も進まなかったという体たらくぶり。

小学校3年生にもかかわらずワルの吹き溜まりで
学級崩壊していた。

小学生版スクール・ウォーズだった。

記憶では日々の半分近くの授業は別の先生がきていた。

校長先生や教頭先生まで授業を担当する始末だった。

恐らくS先生は家で毎日涙して寝込んでいたのだろう。

しかし、いつも後からわかるのだが、この先生のクラス
だったときに僕には不思議なことがいくつも起こった。

僕はS先生が来年は辞めるのだろうな、ということは
子ども心に何となくわかっていた。

なぜだかわからないが、S先生はそんな大変な中でも
たまたま忘れ物を取りに戻った教室で僕と二人きりに
なったとき、今まで見たこともないような真剣な眼差しで
こう言ってくれた。

「千田君はこういうところがすごいから将来その道で生
きるといいよ」

僕はその日のことを一生忘れない。

実際にこの日を境にして僕の成績や運動神経その他
すべてが嘘のように急上昇した。

まるで魔法でもかけられたかのようだった。

翌年、S先生は辞めた。

「私は3年○組の担任を辞めるのではなく、教師である
ことを辞めます。完全に私の無力でした。みなさん、
申し訳ございません」

と言って深々とお辞儀をした。

なぜだろう。

僕にはS先生がちょうど1年前の今頃、晴れて教師に
なった時に希望に満ちて挨拶をしていた笑顔よりも辞
めた時の笑顔のほうが凛々しく、そして幸せに見えた。

確実にこれからS先生は幸せになるのだろうと思わせ
るものがあった。

その時のS先生の顔は、教室で二人きりになったとき
のあの真剣な眼差しだった。

女性生徒の中には泣きじゃくっていた子もいた。

S先生からは、
教育というものの厳しさとたいせつさを教えてもらった。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:30 | コメント (0)

2009年10月19日

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に

身長196cmのティム・ロビンスが主演のこの映画は
あまりに有名だろう。

人は脱出する映画が大好きだ。

だから脱獄モノはたいてい人気が出る。

目に見えない束縛や手かせ足かせから脱出したいと
いう願望が誰しもあるからだ。

サラリーマンにとって脱獄というのは、脱サラなのだ。

この映画の凄いところは米国ならではのリアリティ溢
れる臨場感あるところだ。

若くして大銀行の副頭取であったティム・ロビンス演じ
るアンディがビジネス界における絶頂期を、妻と間男
を殺害したとして冤罪を着せられて投獄されてしまい、
すべてが木っ端微塵に崩壊される。

僕がこの映画から教わったことは、鉄の意志で脱獄
を成し遂げたことでもなければ獄中での友情でもない。

本当に無罪のアンディが敏腕弁護士を雇えばほぼ確
実に無実を証明できるのに彼はそれをしない。

アンディは自力で脱出するわけだが、映画の中で彼が
囁いたひと言が凄かった。

「自分は妻を愛していた。でも愛していることと愛してい
ることを伝えることはまったく別だった。愛していること
を伝えることができなかったから妻を浮気させてしまっ
たのだ。妻が殺されたのは自分の責任だということに
ようやく気付いたんだ」

僕はこの瞬間全身に電流が走り“原因自分論”を教えて
もらった。

この映画ほど観終わった後に爽快感を味わえるものも
ないだろう。

追記.・・・しかし愛していることを伝えるのは難しいです。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:55 | コメント (0)

2009年10月12日

タクシードライバー

タクシードライバー

1976年の米国・ニューヨークを舞台にした映画だ。

主演の鬼才・ロバート・デ・ニーロはいうまでもなく、
まだ幼いジョディー・フォスターと目を見張るほどの
美女シビル・シェパードは僕の記憶に鮮明に刻まれた。

アニメも同じだがやはりヒーロー、ヒロインは見栄え
がかっこよくなければならないし、美しくなければな
らない。

背負ってきた人生を含めて人は見栄えで決まる。

この映画を見たときには、映画というものは選ばれ
た人間が創り、選ばれた人間が演じるものだと教
えられた気がする。

決して今の日本のように何かで成功したから、いっ
ちょう映画でも撮ってみるか、というものではないと
思う。

お金があるから撮ってもいいものでもない。

この映画が創られた76年といえばちょうどベトナム
戦争が終わった翌年だ。

ベトナム戦争はアメリカに大きなダメージを与え、
中でも世界最大の都市であるニューヨークは「麻薬・
売春・マフィア」で溢れかえっていた。

そうしたど真ん中にロバート・デ・ニーロ演じるトラビス
という不眠症の“いかれた”タクシードライバーが果敢
にも挑む。

この映画は社会の偽善と人間の本質を見事に描い
ており、現在の日本社会でも十分通用し学ぶべきも
のが多い。

カップルが初めてのデートで見るような映画ではない。

僕が最も繰り返し観た映画だ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:19 | コメント (0)

2009年10月05日

はり・あんまのM先生

僕は大学生の頃から住む場所を決めた後に決まって
することがあった。

それは自分へのご褒美として全身あんまをしてくれる
店を探すことである。

それも駅前の足裏マッサージとかアロマ系ではなくて、
本格的な盲学校に通っていたような頑固だけどしっか
り仕事をする人でなければどうしてもイヤなのだ。

これは昔からそうだった。

小学校や中学校の頃、授業中にウケを狙ったり笑わ
せるだけで肝心の中身がお粗末というセンセイはたく
さんいた。

何というか、自分の教えている科目に誇りを持ってい
ないというのかな、笑わせるのは漫才師でいい。

あんまも同じだ。

きちんとプロとして人類の知恵の最高峰の技術を施し
て欲しい。

そうした頑固者のあんまの先生の共通点がある。

目が不自由な分だけ記憶力が発達しており、とてつも
なく博識だということだ。

普段誰も相手にしてくれないので、時間があり余って
いる私が行くとすごくうれしそうに待ってくれている。

そこで溜まりに溜まった情報や鬱憤(うっぷん)を浴び
せられるのだ。

あんまを40年とか50年とかやっていると、当然有名
人を含めていろんな人を揉んできている。

床屋さんもそうだがその時間中、たとえどんな偉人でも
頭を垂れなければならないし、身を委ねなければならい。

その知識と知恵が実にスゴイ。

目で見た情報ではなくて、耳と手とココロで感じた生の
知識や知恵だからだ。

本来1時間の料金でお願いしているのに、いつも2時
間くらい揉んでくれる。

政治論や経済論、医療問題からときには芸能ニュース
に至るまでの議論をふっかけられるのに唯一僕だけが
逃げることなく付き合うからだろう。

その証拠にどんなに直前に電話をしても、ほとんどいつ
も一発で予約が入れられる。

M先生の腕のよさもあって、意識朦朧(もうろう)として薄
れていく意識の中、いつもコテンパンに論破されてしまう。

僕の社会人になってからの学校は8年以上通い続けて
いるM治療院だったのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 00:02 | コメント (0)