次代創造館HPへ戻る

« 伸びる20代は、同期との割り勘の端数は自分が支払う。沈む20代は、同期との割り勘の端数まで細かく分け合う。 | メイン | 伸びる20代は、同期に“裏切った”経験と“裏切られた”経験の両方の認識がある。沈む20代は、同期に“裏切られた”認識だけがある。 »

2009年08月31日

伸びる20代は、同期で“ちょっといい人”を目指す。沈む20代は、同期で“一番いい人”を目指す。

変な言い方をするが、
伸びる20代は同期の中で一番いい人を目指さない。

かといって、
ドライで冷たいという印象もない。

どちらかといえばいい人には属するが、
いい人の代表ではない。

自分に余裕があり、
約束できる時には頼まれごとも引き受けることがあるが、
自分自身が一杯いっぱいで約束できない時にはきちんと
断っている。

自分の分をわきまえており、
分不相応のことをして迷惑をかけない。

いい人というのは、
お人よしということである。

沈む20代は極めてお人よしである。

同期で一番いい人を目指してしまい、自滅していく。

いい人だから、
同期から頼まれたことは快く引き受けてすべて完璧に
そつなくこなそうとする。

ところが、それはいつか必ず限界がやってくる。

限界がやってきてお手上げ状態になったとしても、
小学生の頃の学級委員のように、
残念ながら学校の先生がやってきて助けてはくれない。

20代のうちに、
断ることを憶えておくことも大切なことだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年08月31日 00:37

コメント