次代創造館HPへ戻る

« 伸びる20代は、後輩に先に挨拶する。沈む20代は、後輩が挨拶するのを待っている。 | メイン | 伸びる20代は、後輩に「それは過激」と止められる。沈む20代は、後輩を「それは過激」と止める。 »

2009年08月21日

伸びる20代は、後輩と未来を語る。沈む20代は、後輩と過去を語る。

伸びる20代は常に明るい話をする。

明るい話というのは「これから」の話であり、
未来についてである。

暗い顔をして未来の話を語る人は難しい。

一方、沈む20代は、過去の話が多い。

もちろん、自社の歴史を振り返ることは大切であるが、
前に進むための振り返りではなくて、
現在を否定するための過去の話が多いのである。

たいていの場合、
過去の話をする時の人の顔は暗いものだ。

常に過去ばかりを振り返っていると粗探しが始まるか、
過去の傾向の話で終わってしまい、
そこから何か新しいことを生み出すといった、
建設的でいいことは何一つ起こらない。

未来の話をし続けても、
その内容が暗いものであれば生きているのが嫌になってしまい、
死にたくなってくるから、長続きはしないだろう。

未来の話は前向きで元気の出る話でなければ、
続かないということなのだ。

だから、
伸びる20代は後輩と共に常に未来を語り合いながら
常に新しいものを生み出していくのだ。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年9月刊『こんなコンサルタントが会社をダメにする!』
★2009年8月刊『尊敬される保険代理店』
★2009年8月刊『存続社長と潰す社長』
★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年08月21日 00:05

コメント