次代創造館HPへ戻る

« 伸びる20代は、上司のモノ真似ができるようになる。沈む20代は、上司と似ることを酷く嫌う。 | メイン | 伸びる20代は、上司を早く出世させる。沈む20代は、上司の足を引っ張る。 »

2009年08月10日

伸びる20代は、上司の給料が安くて気の毒と感じる。沈む20代は、自分の給料が安くて不満に感じる。

伸びる20代は、上司の給料も社長の給料も安すぎる
と感じている。

これは、実力がある証拠である。

仮に、新入社員の給料の10倍が社長の給料とすると、
伸びる20代は

「なんて社長は安いんだ」

「よくそんなに安い給料でやっていられるな」

と思い、沈む20代は

「社長はもらい過ぎだ」

「独り占めしている」

と憤る。

そして、自分の上司に至ってはせいぜい自分の倍や
3倍程度の給料であることを知って、

「あまり無茶をいってはいけないな」

「たいして給料も変わらないのだから、困らせないようにしよう」

と伸びる20代は気づくのだ。

沈む20代は、自分の実力をいっさい顧みず、

「自分の倍も、もらっていたのか」

「飲食代など自分におごるのが当然」

と思う。

とにかく自分自身の給料が安いと常に不満に思って
いる。

自分の倍の給料をもらっている上司は、逆に自分の
面倒を見て当たり前だと思いこみ、不満だらけである。

結局そうした内面が外に伝わり、不利な環境になる。


...次代創造館、千田琢哉

★2009年6月刊『継続的に売れるセールスパーソンの行動特性88』
★2008年9月刊『社長!この直言が聴けますか?』
★2008年6月刊『THE・サバイバル 勝つ保険代理店は、ここが違う』
★2007年10月刊『あなたから保険に入りたいとお客様が殺到する保険代理店』

投稿者 senda : 2009年08月10日 00:13

コメント