次代創造館HPへ戻る

« モテる異性に、モテる | メイン | いつでも辞める覚悟がある »

2009年03月20日

感謝の記憶力、反省の記憶力

セールスパーソンは記憶力が決め手だ。

しかし、それは英単語をたくさん憶えると
か歴史の年号をたくさん知っているという
記憶力ではない。

もちろん、そうした記憶力はあるに越した
ことはない。

顧客の名前をスラスラ記憶したり、どのよ
うな経緯で知り合いどのような家族構成
なのかを頭に入れておいたりすることは
大切だ。

しかし、それらは手帳にメモをしたり、携帯
電話やパソコンに記憶させたりすることが
できる。

私が今回話をする記憶力はそういった左脳
(論理的思考力や計算式)の記憶力ではな
く、どちらかというと右脳(イメージや情緒)の
記憶力になる。

特に「感謝の記憶力」と「反省の記憶力」が
決め手だ。

継続的に売れないセールスパーソンの特徴
はこの二つの記憶力が決定的に弱かった。

表面上は「ありがとうございます」とか「大変
申し訳ございませんでした」と人一倍のパフォ
ーマンスをするのだが、翌日になるとすっか
り忘れてしまうのだ。

こうした人はセールスパーソンには多い。

目先の契約をいただいた瞬間から次の獲物
を必死で追いかけるのは痛いほどよくわか
るのだが、それは結局のところ間もなく自分
の首を絞めることになるのに早く気付かなけ
ればならない。

継続的に売れるセールスパーソンは、「感謝
の記憶力」と「反省の記憶力」が強い。

一度受けた恩恵は必ず倍返しで確実に返す
ように必死で知恵を絞る。

決して繰り返し顧客に嫌な思いをさせないよ
うにしっかりと脳味噌に刻み込まれている。

その記憶力は尋常ではないと言っていい。

結局、セールスに限らず、ビジネス全般に共
通するのは、継続的な成功の決め手は、こう
した記憶力であるということではないだろうか。

では、「感謝の記憶力」と「反省の記憶力」を
鍛えるにはどうすればよいのだろうか。

それは、イマジネーション(想像力)だ。

噛み砕いていうと、相手の気持ちを理解しよ
うと努める、相手の心の痛みを理解しようと
努めることである。

セールスそのものが心理学の実践なのだか
ら、会う人すべてが教師となり、イマジネー
ションが鍛えられるのだ。

...千田琢哉

投稿者 senda : 2009年03月20日 00:13

コメント